市役所でお金を借りるためには、生活福祉金制度に申込む必要があります。生活福祉金制度というのは収入が少ない世帯に国が低金利でお金を貸してくれる制度のことです。
生活保護を受けるほどではないけれど、だからといって消費者金融などでお金を借りるのは金利も高くて怖いという方におすすめの精度になっています。
国が主体で社会福祉協議会というところが実施しているのですが、その特徴は非常に金利が低いということです。生活保護などと一緒で低所得者を救済するためのセーフティネットの役割が生活福祉金制度にもありますので、金利も地域やその時によって多少変動することも考えられますが、1.5%ほどで市役所でお金を借りることができます。しかも連帯保証人を用意することができれば無利子にしてもらうことも可能なので、消費者金融や銀行などからお金を借りるよりも圧倒的に親切だといえるのではないでしょうか。
申請の仕方は各市区町村にある社会福祉協議会に必要書類を用意して申し込みます。社会福祉協議会の場所などがわからない場合は、ホームページで確認するか地域を担当している民生委員に相談するとよいでしょう。民生委員については市区町村の福祉課に問い合わせれば教えてもらうことができます。
民生委員は生活についての悩みなどの相談にものってもらえます。
必要な書類も申請する人の状況や社会福祉協議会のある市区町村によって違う場合があるので、申請するときにはまず必要書類等を確認するとよいでしょう。