総量規制とは債務者への過剰貸し付を防ぐ目的で債権者は年収の3分の1を超える借入が出来ないように定めた規制のことです。また、50万円以上の新規の借り入れやローンの総額が100万円を超えて、借り入れをする場合には所得証明書を退出する義務があります。
総量規制という制度が出来る前は個人が簡単に高額のお金を借りることができましたが、高金利のため、利払いの負担が大きく、返済できずに破産するケースが多かったため、2010年に改正貸金業法によって、新たに総量規制という制度ができました。
総量規制は賃金業法で適用されるため、消費者金融、通販会社、クレジット会社が対象となりますが、銀行法が適用される銀行のカードローンは総量規制対象外のカードローンとなります。
不動産購入、自動車購入、高額医療費の貸し付など、お金の使用目的が決まっており、年収の3分の1を超える借入になりやすいものについては、総量規制対象外となります。
総量規制対象外のカードローンとして、総量規制には例外として認めるものもあります。
複数のローンを一つのローンにまとめることで、金利が下がり、返済額の負担が軽減される場合には総量規制の例外の項目にある「顧客の一方的有利となる借り換え」に適応されるため総量規制対象外となります。
総量規制の例外は緊急の医療費の貸し付や個人事業者に対する貸し付、預金取扱金融機関からの貸し付を受けるまでのつなぎ資金に関わる貸し付などがあります。