妊娠すると、葉酸が必要であるといわれています。葉酸は、それが欠乏すると、無脳症や、二分脊椎などの先天性異常のリスクが防げるというデーターが厚労省にあるのです。特に胎児の脳や脊椎が完成する時期は、妊娠3ケ月までなのですが、その時期までにに摂取するのがポイントです。もちろん出産後、授乳中までも必要です。ところで、葉酸はどのような食品にふくまれているのでしょうか?ほうれんそうやレバー、ブロッコリー、納豆などにふくまれています。熱に弱いので加熱すると、半分以下になってしまうのです。これらのものは加熱して食べることも多く、充分に摂取するためには、サプリでとることが望ましいのです。
特に葉酸は、妊娠中には一日あたり、400ugを推奨されているのですが、日本では天然素材からではなく合成された葉酸サプリが多いという現状だそうです。また、素材がまったく安全なものかは表示からでは見分けにくいのです。アメリカはサプリメント先進国でもあるので、葉酸サプリに関しても研究が進んでいて、
サプリメントは合成か、オーガニックであるという表示を必ずしなくてはならないので、成分も安心して取れます。
また、葉酸にはポリグルタミン酸型とモノグルタミン酸とあるのですが、日本のサプリでは、どちらであるという表示もあまりなされていない現状があります。モノグルタミンは合成でしかも製造過程に石油まで使われている場合もあり、かなり知らないと危険です。
そういうこともあって、表示がはっきりして、誰にでも選びやすいアメリカのものをおすすめします。
アメリカの葉酸サプリを購入するには、インターネットによって今では、日本語でも買い求めることができます。
葉酸サプリ徹底比較ガイド|今1番おすすめは?ランキング調査!はこちら